埼玉県川口市鳩ヶ谷にある鳩ケ谷駅から徒歩9分にある歯医者さん「日精歯科」です。

インプラント治療

  • HOME »
  • インプラント治療

インプラントとは

インプラントとは虫歯や歯周病など、何らかの理由で歯を失ってしまった場合に、自分の歯に代わって人工の歯根(インプラント)を埋入し、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する歯科治療法の一つです。

インプラントは、機能性と審美性だけではなく安定性にも優れ、入れ歯の様にガタつきを気にしないで、固い物でも自分の歯と同じように食べることができます。さらに歯を失ってしまったことによるお口の中の骨が痩せてしまうのを防ぐので、いつまでも若々しい顔立ちを保つことができます。

 

インプラントの構造

インンプラントは3つの構成要素があります。

①アゴの骨の中に埋め込まれ歯の根の代わりになるインプラト体

②インプラント体に結合される、歯の土台となるアバットメント

③いわゆる歯の部分になる上部構造

この構成要素を患者さんのお口の中の状態に合わせて使うことによって最適な歯科治療を行うことになるのです。

 

インプラント体(フィクスチャー)

歯の根に該当するもので、骨と結合し歯の上部を支える部分です。歯槽骨の中に直接埋められます。チタンまたはチタン合金製ものもが主流です。太さは約4mm程度、長さは約1cm程度のものが多くなります。症例によって様々な形状のものを使い分けます。

インプラント2

アバットメント土台(アバットメント)

インプラント体に装着して上部構造を支える支台装置のことです。いろいろな形状のものがあり、症例によって使い分けて装着します。

かぶせもの(上部構造)

いわゆる「歯」として見える部分にあたります。天然歯でいうと歯冠と呼ばれる部分に相当します。この上部構造をかみ合わせを考えて装着することによって、天然歯と同様にしっかりと噛める美しい歯を回復することができます。

インプラント3

チタンについて

チタンは、他の素材と違って生体組織において異物とみなされず、骨としっかり結合します。そのため金属アレルギーの方も安心して使用でき、しかも丈夫で耐久性にも優れているという特性も持っています。

チタンは歯槽骨に埋入された後、オッセオインテグレーション(チタンと骨が強固に結合すること)によって、アゴの骨と徐々に馴染んでいきますので安心です。

 

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 048-281-8811 AM9:30~PM18:30 休診日:火、水 

日精歯科診療時間

日精歯科診療時間
  • facebook
PAGETOP
Copyright © 鳩ヶ谷の歯医者は日精歯科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.