埼玉県川口市鳩ヶ谷にある鳩ケ谷駅から徒歩9分にある歯医者さん「日精歯科」です。

自由診療と保険診療

  • HOME »
  • 自由診療と保険診療

保険診療と自費診療

歯科診療は、保険診療と自費診療に分けられます。使用できる素材、仕上がりや耐久性などの大きな差が生じることがあります。
治療を受ける場合には、歯科医師の説明をよく聞いて、納得してから治療を受けるといいでしょう。

保険診療 自費診療
保険診療の目的は噛めるようにすることです。噛むという機能回復が目的です。国により使用する素材・治療法・保険点数(治療費)が定められていて、必要最低限の治療が受けられます。 国の補助は受けられませんが、使用する素材や治療法に制限がなく、見た目や噛み心地の良さ、耐久性の高さなど高品位な治療・仕上がりにこだわることができます。審美性だけでなく耐久性・機能性にも優れているので結果として費用面でも抑えられるケースもあります。

※保険診療で使える治療法や素材、保険点数(治療費)は、全国の歯科医院で共通です。

治療法や治療費、素材の違い

保険診療 自費診療
治療内容 噛めるということに主眼を置いているので、治療法などに制限はあるものの機能回復には十分な治療を受けられます。より良いのは自費診療ですが、保険診療の質が悪いということではありません。 さまざまな素材・治療法を選択できるため、症例に最適な治療を受けことができます。特に精密に印象(型)を取ったりできるので、より快適な噛み心地を実現できます。
審美性 保険診療は機能回復に重点が置かれています。そのため審美性に優れている治療は対象外になっている場合が多いので、審美性という点において自費診療には劣っているといえます。 セラミックなど審美性に非常に優れた素材を使えます。天然歯以上の仕上がりになることもあります。治療しても、ほとんど見分けはつきません。特に前歯などの治療にはお勧めです。
耐久性 詰め物などの耐久性自体は優れていますが、2次う蝕(むし歯の再発)や金属アレルギーになる可能性もあり、結局保険で治療した歯を外して再治療ということもあります。 適合もよく、保険のものと比べると耐久性に優れたものが作れます。適合がよいので2次う蝕などのリスクも減らせるほか、素材により金属アレルギーなどのリスクも回避できます。
治療費 健康保険が適用されるため経済的な負担をおさえられる。経済的な負担を抑えられることが大きなメリット。 保険が適用されないため全額自己負担での治療になります。歯科医院により、治療費の設定が異なります。

結局、自費診療と保険診療はどちらがいいの?

日精歯科では、インフォームド・コンセント(説明と同意)に基づいて患者さまとのコミュニケーションを大切にしております。治療を開始する前に診断結果をもとに、患者さまの口腔内の状況についてお話しさせていただきます。どのような治療計画で、どのように治療を行っていくかのご提案をいたしますので、最終的には患者さまに選択していただいただきます。ご自身のご要望やご予算などに合ったものをお選びください。

私たちは、患者さまがより良い選択ができるよう情報提供をさせていただきますので、不明点や不安がございましたら診療スタッフまでお声がけください。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 048-281-8811 AM9:30~PM18:30 休診日:火、水 

日精歯科診療時間

日精歯科診療時間
  • facebook
PAGETOP
Copyright © 鳩ヶ谷の歯医者は日精歯科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.